引越し費用を抑えたい場合は繁忙期を避けよう!繁忙期予想カレンダー

引越し業社の繁忙期は2月〜4月の上旬です。

なかでも3月末は繁忙期中の繁忙期。

4月は入学&入社シーズンです。

新入生や新入社員が学校や職場に通いやすい土地へと引越しします。

また、4月で年度の切り替えがあり、それにあわせて転勤が発生する企業も多くあります。

社会人は休みが限られるので どうしても3月末の土日に引越しされる方が多くなってしまう傾向があります。

土日以外に休みが取れる方は 引越し日を平日にすることをおすすめします。

一番高額になる日程

3月の最後の週の土曜日 午前中

メリット:土曜に引越しをし、土曜日午後から日曜日にかけて片付けできる。

3月中は現在の職場に通勤し、4月の第一営業日から新たに配属された新天地に出勤しないといけない場合はこのスケジュールが便利。

平日に休みが取りずらいお仕事をされている方は、この日程を選ばざるおえなかったりしますよね。

上記の日程を希望される場合は 割高覚悟で、早めのご予約がおすすめです。

人気の日程なので やすい引越し業社から予約が埋まっていきます。遅くなればなるほど 高い見積もり業社しか残っていない状況になります。

少しでも安い条件にするには

春先を避ける。土日をさける。大安を避ける。夕方の便にする。

荷物を減らす。

平日の引越しや夕方の引越しのデメリット:働いている人の場合、引越し後の片付けのタイミングが取りずらい。最低でも生活必需品の整備は当日ないし翌日には整えておきたい。

学生さんや入社前の新社会人さんは比較的時間にゆとりがあるため問題なくクリアできそうな問題です。

引越しは「午前中」が人気!だと業者さんにお聞きしました。

たしかに、さっさと荷ほどきして片付けにはいりたいのが心情でしょう。

人々の心情と逆に動くと 業者さんの閑散期タイミングを狙うことができ、

みつもりを安くできる可能性があがります。

ぜひ交渉する時に使ってみてください!

2017年4月 引越し業社混雑予想カレンダー

引越しと六曜

新しい生活の第一歩でもある引越しに六曜(大安や仏滅)を取り入れる方も多くいらっしゃいます。

六曜は、「大安」「仏滅」「友引」「先負」「先勝」「赤口」の6つの種類。

六曜のまとめ
「大安」は引越しによいとされ、予約も埋まりやすい。人気がある日取りのため、値段設定も高めの傾向があります。

逆に人気のない日取りは「仏滅」や「赤口」。不人気を見越して割引価格にしている業者もあるようです。

繁忙期を避けたい方は 六曜で引越しに不人気な日取りを選ぶのもおすすめです。

◎大安(たいあん)【引越しにおすすめ】

『大いに安し』から、六曜の中で最も縁起が良いとされる日。

六曜を気にする方は大安を選んで引越す場合が多く、人気の日取りのため、その分引越し料金も高く設定されていることが多いようです。

◎友引(ともびき)【引越しにおすすめ】

『凶事に友を引く』という意味があり、葬儀などには避けられます。

友引には、「朝晩は吉」「正午は凶」という細かい決まりがあります。

引越しの際は、朝から作業を始めて、昼前後は作業を中断して食事休憩をとり、その後作業を再開すると良いでしょう。

○先勝(せんしょう、さきかち)

『先んずれば勝つ』の意味で、万事に急ぐのが良いことを表わします。

午前中は吉、午後は凶とされているため、午前中だけで終わるような短時間の引越しであれば問題無いと言えそうです。

先負(さきまけ、せんぷ)

『先勝』の逆で、先んずれば負けるので、勝負ごとはなるべく避け、万事急がず静かに控えめが良いとされます。

午前中は凶、午後は吉。

気になる方は午後から引越しを始めるのがおすすめです。

×仏滅(ぶつめつ)【引越しに不向き】

仏も滅亡するような最悪な日で、すべてが凶といわれています。

特に、お祝いごとや新しいことを始めるには凶で、引越しは避ける傾向にあります。

そのため、通常より安い料金を設定している引越し業者もあるため、少しでも安く引越しされたい方には「仏滅」狙いもおすすめです。

×赤口(しゃっこう、しゃっく、せきぐち)【引越しに不向き】

『赤』が火や血を連想させるため、火事や刃物は要注意とされる日。

牛の刻、すなわち11時〜13時のみ吉で、それ以外は凶とされます。

仏滅は滅びて再生する意味もありますが、赤口は縁起がよくないものを連想させるため、仏滅以上に引越しを避ける方もいるそうです。

 

引越しおさるのおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です