【効率のよい荷造りの方法】引越節約術

引越しで面倒な作業の一つ、荷造り。

引越し業者にお願いすることもできますが、料金を節約するには自分でやるのが一番です。

(ちなみに、量にもよりますが引越業者に荷詰めをお願いすると2時間ほどで一気に片付くそうです。料金は2、3万〜のようですよ)

さらに節約したい方は、ダンボールも自分で用意すると、サービスに入っているダンボール費分も交渉すれば差額を引いてくれる引越業者もあるようです。

中古のダンボールはスーパーなどでもらうことができます。

スーパーのダンボール置き場
 

ダンボールの使い方の基本

ダンボールの底にガムテープを貼ります。

その際、ガムテープは貼りたい線とぴったりのサイズで切らず、両端5cmくらい長めにしてはみ出た部分は 折りましょう。

①十字に貼る

②両すみを覆うように貼る

入れるものが軽いものだけの時は①だけでも大丈夫です。

本など重量がいきそうなものは①②までやったほうが底がぬけなくておすすめです。

 

荷詰め終わったダンボールの置く位置を決めよう

荷詰め風景

最終的に積み上がったダンボールをあとで移動させるのは大変です。

引越当日までは生活に支障がでない場所にダンボールを積み上げて行きましょう!
 

ダンボールのサイズで入れるものを変えよう

本がたくさんあるから、、と、大きいダンボールに本を詰めると大変な重量になってしまいます。

本などの重くなりそうな物は小さいダンボールにサイズを合わせていれていくのがおすすめです。

重い物は小さいダンボール、軽い物は大きなダンボールにいれていくのが基本です。

入れていく物の順番は?

季節外のものや引越し予定日まで使う予定のない物から入れていきます。

また、同じ部屋におきたいものは同じダンボールに入れること。

まだ使うかもしれない物は ダンボールを開けたまま 手前に置いておきます。
 

ダンボールを閉めたら、入れた物の内容と置く部屋を記入

大量のダンボールからお目当のものを探すのは大変!

引越後、荷ほどきの優先順位も物によってちがいます。

荷ほどきの時のために 箱に入った内容を書いておきます。特に重要な物は 自分がわかりやすいように強調して書いておくなどすると良いです。

また、どこの部屋に置くものなのか書いておくと、引越し業者さんが 運ぶ際 振り分けて置いてくれます。

部屋ごとにカラーラベルを貼って色分けするのもわかりやすくておすすめです。

(当日 新居についた時に 「ここを寝室にする予定」等 間取りの説明と合わせて荷物の振り分けを再度お願いすると確実です。過去に 一箇所に置いて引越作業完了!にしようとする業者さんもいました。)

ダンボールを積み上げると 箱上面に書かれた情報は見えなくなってしまいます。

内容物は側面にも書いておくことをお勧めします。)

全面書く必要はありません。広い面の側面1箇所でいいかと思います。

割れ物の梱包

食器の梱包

割れ物は1箱にまとめて梱包します。

割れ物は緩衝材で梱包しましょう。

緩衝材につかえるもの

新聞紙、キッチンペーパー、プチプチ、古着、カーテン、タオルなど布類

食器は同じサイズのものでまとめます。

新聞紙をお皿サイズより大きめにカットしたものを各おさらの間にはさみます。

最後はそのお皿のセットごとぐるっと新聞紙でぴったり覆います。ゆとりがあるとお皿が動いて破れやすくなるため、ぴったりとめます。

新聞紙をガムテープなどで止めて、完成!

トラックの中で隣のダンボールにより圧迫されることもあるかもしれませんので、私はお皿を入れるダンボールの下と上、横には念のためタオルを挟んでいます。

箱には「割れ物」と大きく目立つように書いておきます。赤字で太く大きめに書き、四角で囲むのがおすすめです。

引越し業者の方も「割れ物」「精密機器」と記載のある箱は 普段以上に気をつけてくれているようでした。

冷蔵庫の整理は2週間前くらいから計画的に!

引越 冷蔵庫

引越当日には空の状態にしておくのがベストです。

常温のものなら入れたままでいいかな、、と、アイスノンとかいれたままにしようと思っていましたが、引越業者さんに「全部出してください」と当日言われたこともあります。。

というわけで、冷蔵庫のものは全部だします!

大量の冷凍のストックは要注意!

捨てるのはもったいないので、ストック用の冷凍品を夕飯に取り入れたり、、と 2週間前から考えました。

買い足すものも、残すわけにはいかないので なかなか後半の夕飯の献立には悩みました。

そういえば昔、冷凍庫の中身の処分を忘れており、引越を手伝ってもらった友人達に真冬にむりやりアイスを食べ切ってもらったこともありました、、w

ハーゲンダッツ捨てるのはもったいなさすぎるし!!

なぜ冷蔵庫の電源は早めに切るの?

越業者さんには前日の夜にはコンセントを抜くように指示がでるところが多いと思いますが、これは電源をきったあと2〜3時間後に 冷蔵庫の冷却部分の霜がおちて水分がでるからです。

前日に切っておけば 運搬時には水はもう乾いています。

電源OFF後にすぐに動かすと冷蔵庫自体が故障する、というわけではなく、冷蔵庫から出た水によって荷物が濡れたりしたら大変なので このように指示されることが多いようです。
 

掃除道具は最後まで残しておこう

引越し業者が荷詰めをして、すべての荷物がなくなったら、そのあとは掃除です。

掃除完了後に 大家さんへ最終確認の依頼をして、立会いのもと引渡しをします。

なので、ホウキと、ちりとりになりそうなもの(新聞紙とかでOK)、ゴミ袋、タオル(雑巾)は最後まで必要です。

引越先まで車で移動なら問題ないですが、電車移動だと掃除道具を持って移動になるので

できるだけ捨てれるものや目立たない物がいいと思います。

引越し業者さんに頼べば 掃除道具は貸してくれそうですが、もちろん返却必須。

引越しのサカイさんにホウキを借りたことがあるんですが、

すーーーっごい履き安かったです。丈も、穂の幅もベスト!

伝統の竹箒のような業務用でした。うちにも欲しい、、。

 

▶︎効率よく最安値の引越し業者を探す方法

引越しおさるのおすすめ

コメントは受け付けていません。